未来世紀ジパング

スポンサーリンク
国内番組

日経スペシャル 未来世紀ジパング 世界のごみ問題 第3弾 人類vs使い捨てプラスチック

はプラスチック袋を禁止したインドの驚きの実情。 しかしただ使うなといって罰金を取っていくだけで代替案も何もなし。 あんまりひどいのはやっぱり上の階層と下の階層が完全に分離してしまっているゆえでしょう。 全部川に流してしまうので...

未来世紀ジパング「"中国異変"第1弾 シルクロードの光と影」

未来世紀ジパングの「"中国異変"第1弾 シルクロードの光と影」は何とも重い内容。ウイグル族は漢族に土地を勝手に取り上げて日雇いの仕事に出ざるを得ず、運良くその日の仕事にありつけても、同じ仕事をしても漢族の半分しか給料が出ないとのこと。漢族は...
北海道

未来世紀ジパング「アジアで沸騰!北海道ブームの裏側」

未来世紀ジパングの「アジアで沸騰!北海道ブームの裏側」は北海道の大地の魅力と、地域の人の明るい観光戦略が楽しい好特集。アジアではどこでも「北海道」と商品名に付ければ売り上げが伸びるらしく、フィリピンでは北海道の紀行番組が日曜日の夜十時台にや...

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~ インド洋の真珠 スリランカ争奪戦!

はスリランカについて。中国との関係はちょっと心配ですね~。現代の為政者が百年の大計を顧みないのはどこの国のどこの時代でも問題です。特集はセイロン紅茶について。そうか今日が紅茶の日だから月曜日にやっていたのか!かつて病気で絶滅したコー...

タックスヘイブンを取り巻くカネ 「パラダイス文書」で浮上したスイスの大物たち

の記事はスイスの企業がハブ的に深く関与していることを示しています。スイスの闇を感じますよね。香港のようにタックスヘイブン的なものとつながりやすいでしょう。観光の側面は羊の皮なのかもしれない。そういえばタックスヘイブンの表向きは「観光」を押し...

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~ 勃発!世界疑似食開発競争 おいしいモノが続々出てきた!

は新時代の疑似食品について。最初は植物性の疑似肉。今までもあったけどシリコンバレー由来で完成度が高いのが特徴とのこと。人造肉というと私が思い出すのはやはり「ジャングル大帝」ですね。今思うと手塚治虫の医学的な知識と平和への願いが融合したとても...

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~ ニッポンの餃子が世界を平和にする!?

はヨーロッパでの餃子ブームについて。餃子の王将の中国進出は典型的な失敗例として語られるので、日本の餃子は海外に通用しないのかと思えばさにあらず。大人気の模様です。やっぱり水餃子の壁が厚かったというだけだったのか。具に何でも入れられるところが...

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~ 海外移住ブーム再び…「住みたい街ナンバーワン」

は変人でなければ住んではいけないという街・ポートランドについて。こういう環境が「本物の変人」にとって住みやすい街にするのかもしれませんね。

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~ 独立問題に揺れるスペイン! ニッポンとのおいしい関係とは!?

はバスクが今こういう感じになっているとは感慨深いですね。「スペイン・バスク地方の過激派組織、8日に完全武装解除」()は喜ばしいことです。

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~ 人類を救うスーパーマシン!激動の世界史にトラクターあり

は地味な特集に思えて今までやっていなかった分野なので新鮮な特集。最近かの中公新書でトラクターの本が出たらしく、それを下敷きにしている模様。アメリカで「緑の巨人」と呼ばれるジョン・ディアの超巨大トラクターは壮観の一言。いやーでかい!!圧倒的シ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました