丸山眞男

スポンサーリンク
社会

(平成とは 取材メモから:70)9・11と日本:3 焼けつくような視線

は丸山眞男の無責任の「思想」が、国内において戦争犯罪を追及させないのみならず、統治のためにアメリカに生かされた戦争犯罪者たちを為政者に抱える日本の、自国を(詭弁によって)擁護するための、外交的な紋きり言葉になっていたのだなとい...
社会

(社説余滴)耐え忍ぶ時代はいつまでか 中野晃

は政府の賠償を受けることができない日本の市民の人権を踏みにじられた状況について。 「一億総懺悔」という言葉は責任者の責任逃れのみならずこういう声の圧殺にも使われた文書であり本当に罪深い言葉だ。そしてその裏には丸山眞男の「理論」...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました