SEALDs、15日解散 若者たちが残したものは

SEALDs、15日解散 若者たちが残したものは:朝日新聞デジタル
 安全保障関連法や憲法改正への反対運動を展開した学生団体「SEALDs(シールズ)」が15日、解散する。結成から1年余り。「おかしいことはおかしいと言おう」。そんな呼びかけを受け、街頭でのデモが東京で…

 ジャーナリストの津田大介さんは、取材などでシールズに接してきた。対案を示さず「安保法は違憲」と抗議し続けたのは「やむを得ない部分もあったが、結果的に従来の左派と同じで主張の新鮮味に欠けた」と指摘。

は対案とは具体的に何なのか。何を目的とした「対案」なのか示さずに対案対案と連呼する人が多い。そういうやりかたで「保守」や違憲を積極的に非難したくない人は議論を避けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました