過労死ない社会誓う 電通・高橋まつりさん2度目命日 霊堂に安置、続く悲しみ

過労死ない社会誓う 電通・高橋まつりさん2度目命日 霊堂に安置、続く悲しみ:朝日新聞デジタル
 2年前のクリスマスの朝、広告大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)は自ら命を絶った。命日の25日にあわせ、母幸美(ゆきみ)さん(54)は昨年に続いて手記を公表し、「大切なまつりを失った…

こういった事件を引き起こしたのは第一に大手メディアの電通に対するタヴー意識でありその裏にある癒着です。そしてその体質は変わることなく隠蔽されます。

そういえばテレビ局は派遣社員を酷使していたことが話題になっていましたけど、今はどうなのだろう。クロスオーナーシップがあることで新聞が報じないので実態が明らかになりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました